格安スマホの料金などを比較しておすすめをランキング紹介!利用ユーザーの気になる口コミも掲載!

格安スマホで月々の携帯代を抑えませんか?
月々の携帯代を安くしたいけど格安SIMの通信環境って・・?格安スマホ比較ランキングなら、安心して使える、全国どこでも高速通信が可能な格安SIMがすぐわかる!

あなたの利用環境にぴったりの格安スマホがきっと見つかります!格安SIMでサクサク、インターネット通信!

これからは携帯代を格安で利用する時代です!
格安スマホおすすめ口コミ比較ランキング
UQ mobile
UQ mobile!お客様満足度88%!
au 4G LTE対応で全国エリアで高速通信!格安SIM中で最高速度なのに全部の時間帯で通信速度が安定しています☆他社からの乗り換えもカンタンで、新スマホがぞくぞく登場中!無料通話もネットもコミコミ1,980円~!安心、快適、高品質なモバイルサービスをひとりひとりに☆
月額基本料
月額980円~
月間データ容量
3GB~
通話料
30秒20円
受付時間
09:00〜21:00 年中無休
LINEモバイル
LINEモバイル
LINEモバイルは、LINEがつくる新しい通信サービスです!
シンプルな3種類のプラン!コミュニケーションを真剣に考える私たちだからこそ、提供できるプランを手に入れやすい価格で。低価格な端末から最新防水端末まで。SIMカードを設定した状態でお届けします☆docomo回線と同じエリアに対応。日本全国で繋がるので安心です!
月額基本料
月額500~
月間データ容量
1GB~
通話料
受付時間
10:00〜19:00 年中無休
ユーモバイル
ユーモバイル
U-mobileとは驚きの低価格を実現しつつ、高品質の通信サービス!
どなたでもスマホを格安で利用できるようにしたモバイル通信サービス。どこでも快適!従来のスマホと変わらない!同じ速度&エリアでつながるから快適!最新のiPhoneやドコモ端末を含め、SIM動作確認端末はなんと100種類以上!!
月額基本料
月額680~
月間データ容量
1GB~
通話料
20円/30秒
受付時間
TONE
使いやすさを研究しつくした、TSUTAYAのスマホがおすすめ!
TONEなら月額1,000円からスマホが持てる!そして買ってからも安心!無料安心サポート☆ドコモ回線だから安心の通信エリア!2台同時契約で12,000円お得!あなたも今すぐスマホ生活を初めてみませんか?
月額基本料
月額1000~
月間データ容量
容量無制限
通話料
21円/分
受付時間
10:00〜19:00
もしもシークス
もしもシークス
やっぱり違う!もしもシークスの格安・満足料金プラン!
圧倒的な安さ!どのプランを選んでも驚きの安さです。わかりやすさを重視したもしもシークスの料金体系。なかなかピンとこないパケット料もわかりやすく解説しています。NTTドコモ社のネットワークを使用しているので全国各地で安心してご使用いただけます☆
月額基本料
月額980~
月間データ容量
0.5GB~
通話料
受付時間
mineo
mineoならあなたのスマホそのままで電話代が安くなる!
価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位を獲得!あなたのスマホのSIMカードを差し替えるだけで料金が安くなる格安スマホサービスです!またケイ・オプティコムが提供しているため、充実したサポートとサービス内容で、初めての方でも安心してご使用いただけます☆
月額基本料
月額1,310円~
月間データ容量
500MB~
通話料
30秒20円
受付時間
09:00〜21:00 年中無休
BIG LOBE
BIGLOBEスマホ
「BIGLOBE SIM」は「データ通信品質・安全性 顧客満足度NO.1」
BIGLOBEならSIMを差し替えて格安に!今使っているスマホにSIMカードを差し替えたら、驚くほど安くなります!WEBからすぐに申し込めるのでWEBに不慣れな方でも、申し込みから設定までスムーズに1人で出来ます☆
月額基本料
月額900~
月間データ容量
3GB~
通話料
30秒20円
受付時間
09:00〜21:00 年中無休
格安スマホ関連記事
●格安スマホ最大のメリットは通信料金の安さにある 格安スマホはスマートフォンの通信料金を抑えるために新たに導入 ・・・[続きを読む]
私が格安スマホに変えたのは、月額料金をもっと安くしたかったからです。それまでの携帯会社では契約してから2年間は ・・・[続きを読む]
これからの世の中は、いかに無駄を省いて生きていくのかが重要になっていくでしょう。というのも、人口が減少する上に ・・・[続きを読む]
最近の格安スマホはどのようなプランがあるのか

携帯をみる女性

少し前から格安スマホが誕生しました。当時はまだ内容が知られらず、通信速度が遅いなどマイナス面が目立っていました。

しかし最近はケータイ業界と対抗するために、どんどん進化していっています。では今の格安スマホはどうなっているのか紹介したいと思います。一昔前は格安スマホを持ったらガラケーとの2台持ちが良いといわれていました。

格安スマホは安くて良いのですが、一つだけ大きな欠点があったのです。それは、通話料金が高いことです。ですので、通話をたくさんする人は通話料でお金がたくさんかかってしまい、普通のスマホの料金とそこまで変わらなくなります。格安スマホは通話をあまりしない人やLINEで通話を済ます学生向きでした。

そのため、もし格安スマホを持ちたければガラケーとの2台持ちが一番良いと言われていました。

それでも通常のドコモやソフトバンクよりかはぐっと安くまります。2台は面倒かもしれませんが、通話はガラケー、ネットは格安スマホと使い分けるのが一番お得だったのです。

しかし、最近の格安スマホはこのデメリットが改善されてきました。契約するところにもよりますが、例えば、5分までなら無料、通話し放題というサービスを始めるようになりました。

当然、シムの値段は少し高くなります。しかし、それでも普通のスマホよりもずっと安く使えるのです。

だいたい本体さえ購入してしまえば、月に2000円前後で通話し放題や5分間無料が出来ます。普通のスマホならどれだけ安くても月に7000~8000円はしますよね。こうみると格安スマホはすごくお得です。

また、本体の価格も徐々に安くなってきています。もちろんスペックにもよるのですが、2万円ちょっとでそこそこの機能の本体が選べます。これなら機能にこだわらない人には十分です。格安スマホを持っている人はだいたい本体と合わせても3000円~5000円で月々使っています。さらに、通信速度もある程度改善されてきたので欠点は少なくなってきました。

どうしても速い速度でネットをしたいという人には向きませんが、基本家にいて、家ではWiFi、外でたまにネットするという人は格安スマホの通信で十分だと思います。遅いといってもストレスになるくらい遅いわけではないのでそこまで心配はいりません。このように、最近の格安スマホは通話料金も安くなってきています。

これで格安スマホのデメリットが少なくなってきたのではないでしょうか。通話料金も安くなってきたのならガラケーを持つ必要もありません。自分にとってどれが合っているか考えてプランを選んでください。

格安スマホの通話料金を安く済ませよう

数字の模型

キャリアから格安スマホに乗り換えで不安になるのが通話料金です。

良くも悪くもキャリアはかけ放題プラン加入がほぼ必須だったので通話料金を気にせずにすみました。しかし格安スマホは30秒/20円という通話料金が発生します。10分通話すれば400円の通話料金です。一ヶ月1時間通話しようものなら格安スマホのメリットである月額料金の安さも意味がなくなってしまいます。

しかし通話料金を安く済ませられる格安スマホ会社もあるので紹介してみます。

格安スマホで無料通話というとYmobileです。月額料金が他の格安スマホ会社より高めというデメリットはありますが、一ヶ月300回まで10分無料通話というのが基本サービスに組み込まれているのは助かります。

用件とちょっとした小話するぐらいなら10分もかかりませんし、一ヶ月300回以上通話するって人も稀でしょうし、一番使い勝手がいい無料通話です。Ymobileはもう一つ無料通話プランが用意されていて、+1000円で回数制限・時間制限のない無料通話プランがあります。これはキャリア同様のかけ放題なので、長電話好きの方には一番お勧めです。

Ymobileの廉価版タイプが楽天モバイルの5分間無料通話プランです。回数制限はないものの、無料通話が5分と結構短めです。用件だけ伝えるならこれでも十分です。+850円という追加料金必要になりますが、楽天モバイルは元々の価格が安いので5分無料通話オプションをつけても十分安いのが魅力です。

他の格安スマホより遅れて出たFreetelも無料通話プランを用意されてます。後から出た分、格安スマホの欠点をカバーしてる会社です。まず1分無料通話プランがあります。基本的な連絡はLINEでしてる方ならこれでも十分です。+399円というオプション料金の安さも魅力です。

もちろん1分じゃ短すぎるって人の為に5分無料通話プランもあります。+840円で楽天モバイルの5分無料通話プラン同等なんですから、少しだけお得です。これとは別に通話料金半額アプリというのもあります。

IP電話ではなく電話回線を使用してるので音質は通常の電話通話と変わりません。携帯番号をそのまま使えるので普通の通話と変わらない、なのに通話料金が半額になるんですからかなりお得です。

しかも他の通話サービスと違って月額料金は発生しません。ただ通話料金が半額になったってだけなので、かなりお得です。こういうかけ放題系と違う通話サービスを用意してる会社もあります。60分かけ放題パックってやつです。上記のような5分無料、10分無料通話タイプだと一回の通話時間が制限されてしまいます。

電話回数が多い人には便利ですが、電話回数は少ないけど一回の通話は落ち着いて話したいって人にお勧めの通話プランです。

BIGLOBEやTONEで用意されてます。BIGLOBEなら650円、TONEだとフラットパックで500円(但しIP電話)なのでかけ放題プランよりも安価です。以前なら格安スマホの30秒/20円という通話料金の高さが気になっていた人も、今ならこういう通話料金特化の格安スマホ会社を選べば問題なく使用出来ます。

キャリアに比べると月額料金はウンと安くなるので、節約したいって方は是非ご一考下さい。

料金の安さにこだわるなら格安スマホがおすすめ

携帯を持っている女性

従来型のいわゆるガラケーからスマホに切り替えたいけど費用は極力安く済ませたい、そんな人には格安スマホが向いています。

一言に「スマホ」といってもその種類は多々あり、低額な物から高額な物までさまざまです。また、通信キャリアに関しても大手3社以外で契約することもでき、それこそがまさに格安スマホです。

そして、格安スマホならスマホを低料金で使用することが可能です。ですので「お金はかけたくないけどスマホは利用したい」というユーザーに格安スマホは向いています。

格安スマホは安さがセールスポイントですので、安さにとにかくこだわるなら格安スマホです。本体価格と通信料を込みにしても月々約3千円くらいで利用できる格安スマホもありますから、それなら月々の負担をかなりおさえることができます。

格安スマホとはいってももちろんスマホには違いありませんので、利用できる機能はおおむね問題がありません。

スマホを片時も離さず1日中使って生活の一部になっているようなへヴィユーザーにはさすがに物足りないのかもしれませんが、そうではなくてあくまでガラケーより少し上の端末であれば問題ないという人なら格安スマホで十分事足ります。

ただ、格安スマホは爆発的なブームになっているだけあって参入している業者が非常に多いです。

ですので、どこの格安スマホ業者と契約するかはよく検討しなければなりません。同じ格安スマホの業者でも各業者によってそれぞれでプランが異なりますし、提供しているサービスも違います。

格安スマホならどれも同じようなサービスを必ずしも提供しているというわけではありませんので、その点を踏まえたうえでどこの業者と契約するのかを決めなければいけません。

そのためにはネットでそれぞれ格安スマホ業者について特徴を調べ、どれが最もお得で使いやすいのかを結論付けなければならないのです。また、ガラケーからスマホへ切り替える場合は慣れない用語や単語を目にしますので戸惑ってしまうかもしれませんが、それらの意味がわかればすぐに理解できます。

ですので、格安スマホ選びをするときはじっくりとひとつひとつを確認した上で比較していくことが大事です。

従来型のガラケーを持ち続ける事は決して悪い事ではありませんが、時代の流れは完全にスマホありきになっています。それなら格安スマホでも何でもスマホを持っていたほうが時代の流れに乗れますので、切り替えるなら格安スマホはかなりおすすめです。