格安スマホの料金などを比較しておすすめをランキング紹介!利用ユーザーの気になる口コミも掲載!

低料金が魅力的な格安スマホでも、スマホのほとんどの機能は使えます

OKサインをだす女性

●格安スマホ最大のメリットは通信料金の安さにある

格安スマホはスマートフォンの通信料金を抑えるために新たに導入されたサービスです。

従来、NTTドコモ、AU、ソフトバンクの3社によって寡占状態となった携帯電話市場では通信料金が高めに設定されており、3社のいずれでの料金プランでも月額5000円は負担する必要があり、その高額な通信料金がスマホ使用のネックとなっていました。このスマホ使用料の負担を軽くするために導入されたのが格安スマホです。

格安スマホは大手3社の通信回線を新規参入企業が借り受けて消費者に提供できるように制度設計されており、多くの事業社が新規参入することで価格競争が行われています。その結果、格安スマホでは月額料金を低額に抑えられている点が大きな特徴で、多くの場合で月額通信料は1000円~2000円程度となっています。

●格安スマホでもスマホ機能の大半は使用可能

格安スマホは通信料金が低額に抑えられていますが、その代わり回線スピードが遅くなっています。そこで、格安スマホは大容量のデータ通信を行うことには不向きで、高画質の動画をスマホで見ることには向いていません。しかし、動画閲覧以外のことであればほとんどのことが格安スマホでも可能です。

LINEを始め、インターネットの閲覧やメールチェック、ゲームアプリの使用やGPS機能を使用したナビゲーションなども問題なく行えます。また、テザリング機能を用いれば、ノートパソコンなどのモバイル機器へのwifi接続も可能になり、wifiルーター的な使用も可能になります。さらに、カメラやアラーム、スケジュールなどスマホ固有の機能ももちろん使用できます。

そして、通話プランに加入すれば、普通に電話をすることも可能です。格安スマホであっても大手キャリアのスマホに加入するのとほとんど同じスマホの使い方ができるのです。

●自宅に光回線を引いていれば、格安スマホでも不自由しない

格安スマホでは、通信速度が制限されるため、アプリのダウンロードや更新の際に不自由する場合があります。しかし、自宅に光回線を引いて無線LANルーターが設置すれば、自宅では光回線でスマホを使用できるようになります。

新しいアプリやポッドキャストをダウンロードするのを自宅でwifiを用いて行うようにすれば、大容量のデータダウンロードを外出先でする必要はなくなります。

そこで、自宅に光回線を引いているのであれば、格安スマホを導入したほうが遥かに経済的なのです。特に、現在では光回線のプロバイダーと格安スマホの契約をパッケージにしたサービスも開始されており、そのようなサービスに加入すれば、スマホの料金だけではなく光回線の料金も減額されて、お得にスマホが使えるようになります。

格安スマホおすすめ口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です