格安スマホの料金などを比較しておすすめをランキング紹介!利用ユーザーの気になる口コミも掲載!

格安SIMのデメリット

困る男性

大手キャリアに比べて、料金面などのメリットが大きい格安SIMですが、もちろん良いことばかりではありません。では大手キャリアに比べて、格安SIMのデメリットとは何なのかを挙げていきます。

○スマホは自分で用意しなくてはいけない

格安SIMの最大のデメリットは、最初にスマホを自分で用意しなければならないところです。ただし、現在大手キャリアのスマホを利用しているのであれば、そのスマホをそのまま利用できる場合がほとんどです。

しかし最近では、このデメリットに対応するべく、格安SIMでもスマホとのセット購入が選択できる上に、分割購入も選べる格安SIM事業者が増えてきているので、徐々にこのデメリットは軽減されつつあります。

○ガラケーの人にメールが送れなくなる可能性がある

大手キャリアには、それぞれ独自のキャリアメールというものがあります。キャリアメールとはドコモなら@docomo.ne.jp、auなら@ezweb.ne.jpというようなアドレスのメールのことです。このキャリアメールは、ガラケーでも送受信できるメールですから、未だガラケーを使っている人とのやり取りに利用しているスマホユーザーも多いことでしょう。

しかし格安SIMには、このようなキャリアメールはそもそもありません。

もちろんGmailなどのフリーメールでもガラケーにメールを送信することは可能です。しかしガラケーユーザーは、迷惑メール防止のため、メールフィルターを設定している人も少なくありません。メールフィルターを設定していると、Gmailなどのフリーメールは弾かれてしまう可能性が高いため、やり取りができなくなってしまう可能性があります。

もちろんガラケーのメールフィルター設定を解除してやれば、フリーメールでもやり取りはできるわけですが、それをわざわざ知り合いのガラケーユーザーにお願いしなければならなくなります。

○通信速度が遅い

格安SIMは大手キャリアに比べて、回線の通信速度が遅いです。通信速度の速さは格安SIM事業者によってバラバラですが、基本的にはほぼ全ての格安SIMが大手キャリアよりも遅いです。中でも格安SIMが苦手とするのが回線の利用者が多い時間帯です。特に平日の昼休みの時間帯である、12時〜13時の間の速度低下は著しいです。

これも格安SIM事業者によって多少の差はありますが、速度にして1mbps出ない場合が多く、LINEやメールの送受信がやっとできる程度の速度まで落ち込んでしまいます。しかしここまで顕著な速度低下は、平日お昼のピークタイムのみで、その時間帯を除けば、大手キャリアよりは遅いものの動画視聴などにも耐えられる程度の速度は出てくれます。

○まとめ

このように格安SIMには大手キャリアにはないデメリットもあります。しかしデメリットの中身を理解して対策すれば問題ない程度のデメリットです。また、価格の安さを考えれば許容できる範囲内のデメリットにすぎないのではないでしょうか。

格安スマホおすすめ口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です