格安スマホの料金などを比較しておすすめをランキング紹介!利用ユーザーの気になる口コミも掲載!

格安SIMのメリット

マルを持つ女性

近年、格安SIMが注目されています。スマートフォンをキャリアで契約すると選ぶプランにもよりますが、だいたい8,000円から10,000円を超える金額を毎月支払うことになります。いくらなんでも高すぎる。ということで、格安で維持できる格安SIMが注目されているのです。では、その格安SIMを利用するメリットとはどういったものなのでしょうか。

○月額料金を格段に下げられる

何といっても最大のメリットはコレでしょう。最近は格安SIMといっても20Gや30Gといった大容量プランをラインナップする格安SIM事業者も増えてきていますので一概にはいえませんが、3GBや5GBの容量プランを選べば月額1,600円や2,000円という低価格で維持できます。キャリアの月額料金の1/4や1/5というような料金で維持できるのです。

○通話プラン、データプランが自由に選べる

キャリアでスマートフォンを契約すると、一部の特殊な契約を除き、電話番号の付いた回線を契約することになります。もちろん購入したスマートフォン一台で、電話もネットも行う人なら問題ないでしょう。

しかし中には電話はガラケーで、ネットはスマートフォンで。という2台持ちをしたい方は、ガラケーを持っているにも関わらず、もう一台電話番号の付いたスマートフォンを持つことになります。しかし格安SIMなら、キャリアと同じように電話番号の付いた通話プラン、そして電話番号の付いていないデータプランのどちらか好きな方を選択できます。

ちなみにデータプランであれば、どの格安SIM事業者を選んでも、だいたい毎月3GBで月額900円前後のプランが主流です。つまりガラケーとの二台持ちをしても、合わせて月に3,000円程度で維持できることになります。

○2年縛りがない

キャリアで契約すると、基本的には2年間の契約となり、その2年契約内に解約や他社への乗り換えを行うと、約10,000円ほどの違約金を請求されます。これは通称2年縛りと呼ばれるものですが、この2年縛りが格安SIMにはありません。

通話プランの場合は、どの格安SIM事業者を選んでも、1年間の縛りが発生しますが、キャリアの場合は2年縛りが解けても、契約から25ヶ月目の1ヶ月間で解約や他社への乗り換えをしなければなりません。そして25ヶ月目の1ヶ月間のタイミングを逃して26ヶ月目に突入してしまうと、新たな2年縛りが発生してしまうという大きなデメリットがあります。

しかし格安SIMの1年縛りは、契約から1年間が経過すれば、そこからは新たな縛りが発生することはありませんから、1年を過ぎてしまえば違約金が発生することもありません。また、データプランの場合はそもそも縛りがない、あるいはあっても契約した初月のみの縛りという格安SIM事業者がほとんどですから、使ってみて、気に入らなければすぐに解約できるのです。

このように、格安SIMはキャリア契約にはないメリットが多く、また利用者の選択肢の幅が広いことも大きなメリットです。

格安スマホおすすめ口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です