格安スマホの料金などを比較しておすすめをランキング紹介!利用ユーザーの気になる口コミも掲載!

格安SIMの3種類のSIMカード

考える女性

格安SIMを選ぶときは、自分の利用用途に合ったものを選んで契約しなければ後々後悔することになります。後悔しないためにも、最低限これだけは知っておいてほしいのが、SIMカードの種類です。

○3種類のSIMカードがあることを知っておこう

格安SIMには大きく分けて3種類のSIMカードがあります。

・SMSなしのデータSIM

・SMSありのデータSIM

・音声通話付きのSIM

この3種類があることを覚えておいてほしいと思います。ではこの3種類のSIMカードはそれぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。

○SMSなしのSIMカード

SMSとは、ショートメッセージサービスの略称であり、電話番号のみでメッセージのやり取りができるサービスです。docomoではショートメッセージ、auではCメールと呼ばれているものがこれに当たります。大手キャリアで契約すれば、このSMSは自動的に付いてくるサービスですが、格安SIMでは付いてきません。

また、SMSなしのデータSIMとは、SMS機能も付いていない上に、データSIMですから通話機能も付いていません。ですからこのSIMカードは、もちろんスマホでも利用できますが、どちらかというとタブレットやWi-Fiルーターなどに刺して利用する人向けのSIMカードです。

○SMSありのデータSIM

先程のSMSなしのデータSIMに、SMS機能を付けたSIMカードになります。もちろん通話機能は付いていませんが、SMS機能の利用に必要な電話番号が付与されます。当然、通話機能が付いていないので電話番号が付与されるといってもあくまで擬似的なものであり、付与された電話番号での発着信はできません。

何故わざわざ擬似的な電話番号の付与されたSIMカードを用意しているかというと、単純にガラケーの人にメッセージを送るためにSMSが必要だという人のため。という理由がひとつ、もうひとつは、LINEなどのアプリの認証に、電話番号が必須であることです。また、最近は無くなってきましたが、docomo製の一部のスマホの中には、SMSなしのSIMカードを指すと上手く動作しないという機種も存在していたため、その対策としてのSIMカードでもありました。

2台目のスマホに利用する方や、別途ガラケーを持っているなどの、通話手段が他にある方が格安SIMを利用する場合は、SMSありのSIMカードを選んでおいた方が良いです。

○音声通話付きのSIMカード

これに関しては説明するまでもないかもしれませんが、読んで字の如く音声通話機能が付いたSIMカードです。つまり090や080で始まる電話番号が付いているSIMカードです。要は大手キャリアと同じSIMカードになります。もちろんナンバーポータビリティの手続きをすれば、大手キャリアからの乗り換えで、今まで利用していた電話番号を引き継ぐことも可能です。

○最後に

格安SIMを選ぶときは、この3種類のSIMカードがあり、それぞれの違いを理解しておけば少なくとも後悔することはないでしょう。

格安スマホおすすめ口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です